破れ・すり切れ修正

これだけ傷んだらダメ!と諦めそうになった時、廃棄の前に一度山田洋服にご相談下さい。

破れたり擦り切れたりしたことで、お洋服を廃棄しようと考えておられませんか?
ミシン叩き修理、割り継ぎ修理、裏返し修理、裏地取替などの技術で対応すれば、着用可能レベルにまで復活するものは一杯あります。
まずはご相談ください!長年培ってきた技術と知識を基に、納得の提案をさせていただきます。

  • 【綿コートの衿裂け補修】

バーバリー社の綿コートですが、引っ掛けて下衿部分が大きく裂けてしまいました。ステッチ叩き補修では目立つので、ダーツを入れて傷を裏側に縫い込む処理で対応させていただきました。
料金 5400円~

【ジャケット衿付けの裏地擦り切れ補修】

ジャケット衿付け部分の裏地は着用中の擦れが最も激しく、このように裂け傷みが発生してきます。胴裏全体を取り替えますと料金が高く付くため、部分的に似寄りの裏生地で割り継ぐ方法をお勧めしました。
料金 両袖 6480円~

【ダウンジャケット 衿の合皮生地劣化補修】

合皮生地が首の当るところで、体温の熱と汗の湿気にて加水分解という劣化が発生し、表面のウレタン樹脂部分がネト付き・剥離してきます。衿を全て作り換えますと生地色目が変わってしまうので、内側に色目の近いナイロン生地を貼り付けるという部分補修をさせていただきました。
料金 両袖 7560円~

【ジャケットの袖口擦り切れ 割り継ぎ補修】

袖口線部分が長年の着用による擦れにより激しく傷んできました。袖口線に新たな縫い目を作って割り継ぎ処理をしました。縫い代分の0.7cmくらい袖丈は短くなります。
料金 両袖 5400円~

【ジャケットの袖口擦り切れ テープ補修】

毛ツイード生地は肉が厚いため、割り継ぎ補修では縫い代部分にゴロ付きが発生します。そこで、傷んだ部分を内に入れ込んで、別生地のテープを上に当て縫いする補修で対応させていただきました。尚、テープを当て縫いせずに、ミシン叩き補修する方法も選択肢の一つです。
料金 両袖 6480円~

【トレンチコートの袖口擦り切れ補修】

バーバリー・アクアスキュータム等の綿トレンチコートは、特に袖口の擦リ切れ相談が多いです。1㎝弱袖丈が短くなるため、ベルトループ位置が袖口に近付くことをご辛抱ください。
料金 両袖 5400円~

【ジャケットのポケット回りの裂け修理】

ジャケットのポケット回りが裂けてしまいました。縦の破れをダーツにして、見た目に感度良く補修いたします。ダーツを入れることで短い縫い線ができること、裏側に少し縫い込むことで若干の歪みは出ることご留意ください。
料金 片側 5400円~

【カッターシャツ 衿の擦り切れ補修】駄目だと諦めて廃棄していませんか?

衿の折れ線位置は、着用やクリーニングによって擦れ傷みが発生してきますよね。裏衿を表衿と取り替え、裏衿部分は白の綿生地に取り替えました。別生地に替えず、表衿をミシン叩き補修してから裏側に持ってくる方法もあります。また、症状がハードで無ければ、表側にミシン叩きした補修跡を残したままにしておくこともあります。
料金 両袖 6480円~

【カッターシャツ 袖口の擦り切れ補修】

カッターシャツの袖口が擦り切れて毛羽立った状態になってます。0.5㎝ほど割り継いで擦り切れ部分を入れ込んでしまいます。
料金 両袖 5400円~

【ウールコートの起毛擦り切れをインキング補修】 

表面を起毛させている特殊デザインのヘリンボーン織りウールコートです。バッグのショルダーとの擦れによって起毛が部分的に欠落。インキング補修で補色してから毛羽立ち処理をさせていただきました。(注)ウール製品を着用される際には、リュックやショルダーバッグは避けてくださいね!
料金 両袖 8640円~

【部分使い合皮生地劣化による取替】

袖や身頃部分が合皮生地使いのジャケットですが、合皮生地が劣化して剥離が止まらなくなってきたようです。本革(羊革)に取り替えることで、先々劣化の心配は解消されます。ただし、本革は色落ちするリスクがあること、クリーニング対応が変わることが問題点です。
料金 37800円~

【ゴム引きコート裏側の粘着布剥離補修】

ゴム引きコート製品の縫い代やポケットは全て粘着テープ・布にて貼り付けられています。剥離した場合には現状のテープ・布を再接着処理しますが、ボンドの種類・質によっては再接着が効かないことも有ります。(注)ドライクリーニングしますと先着剥離リスクが高くなります。洗濯表示には記載されていますが、クリーニング業者さんに出される際には念を押しておいてください。
料金 27000円~

【スキーパンツの切り傷補修】

スキー板のエッジによる切り傷です。裏地を解いて、裏側から当て布をして細かくジグザグステッチ処理をさせていただきました。
料金 6480円~

【スラックスの裏地取替修理】

パンツの裏地前身に擦り切れ・破れが発生しました。この場合は別裏地に取り替えとなります。前身・後身両方に裏地の付いているパンツもあります。
料金 前身のみ 10800円~ 前後身両方 16200円~

【ピスポケット上の擦り切れ 共生地ハメ込み修理】

ピスポケット上が擦り切れたので、上下はベルト付けからポケット口まで、左右はダーツからダーツまでの生地を縫い解き、その部分に共生地をハメ込んで傷を無くしました。
料金 5400円~

【スラックスポケット口の擦り切れ 割り継ぎ補修】

パンツ脇ポケット口の擦り切れは、ポケット口に縫い目を作って割り継ぎ、すり切れを最小限入れ込みます。スッカリすり切れは消えてしまいました。
料金 片側 4320円~

【内股の擦り切れ ステッチ叩き修理】 モモの太い方、必見です!

右モモと左モモが擦れて、生地が薄くなってきたり、完全に糸切れを起こして穴になってしまいます。できる限り近い色目の糸で処理することがポイントです。穴になる前に補強しておくことをお勧めします。
料金 片側 3780円~

【内股の擦り切れ 割り継ぎ修理】

ここまで生地が裂けてしまうと、ミシン叩き補修では跡が目立ちすぎるでしょうか。裂け部分を切り取り、共生地で割り継いでしまいます。共生地は裾の折り返し代からカット調達することがあります。
料金 片側 3780円~

【内股の擦り切れ予防 シック布当て補修】

内股にシック布を取り付けて、内側からの擦れ予防をします。
(左)後身裏側の画像です(右)色目の濃い部分が前身裏、シック布付いている部分が後身裏です。
料金 4320円~

【パンツ尻ぐり裂け傷み ミシン叩き補修】

強い力が掛かったかして、お尻の縫い目横の生地が裂けてしまいました。縫い目を一部解いてミシン叩き補修をしてから、縫い合わせしました。
料金  4320円~

尻ぐり周辺に強い力が掛かって、生地にかなりの裂け傷みが発生です。生地の色目に近い糸で、柄方向に合わせて細かくステッチ叩き補修させていただきました。
料金  6480円~

【パンツのヒップ破れ 共生地でパッチワーク修理】

かなり強烈な破れです。ジーンズのようなミシン補修だけでは、あまりにもラフすぎますので、丈詰めの残布をパッチワーク風に当てて、さり気無いデザインに仕上げてみました。
料金 8640円~

【レースの糸切れ 手編みによる部分補修】

スカートの裾部分にあしらったレースを引っ掛けての糸切れです。できる限り近い色目の細い糸を使い、手作業にて似たような編み柄を作っていきました。手編みゆえ機械編みまでのレベルにまでは至らず、多少の編地ギャップはご辛抱ください。
料金  5400円~

【プリントスカートの引っ掛け傷 糸色合わせてミシン叩き補修】

ヒール先で引っ掛けての裂けです。裏側から当て布をしてステッチ叩き補修をするのですが、柄の色目色目で糸色を変えて処理させていただきました。
料金  5400円~

【ボーダー柄ワンピースの引っ掛け傷 糸色合わせてミシン叩き補修】

やはりヒール引っ掛けによる裂け傷の発生です。裏側に生成り色の芯地を当て、柄色に補修糸を合わせて可能な限り目立たないように処理させていただきました。繊細なお直しです!
料金  7560円~