かけつぎ(カギ裂き・焦げ穴)

最高レベルのカケツギ技術をご提供いたします!

コゲ穴、虫食い穴、カギ裂き、糸引けが発生したお洋服は修整不能と諦めて廃棄しておられませんか?ウール生地のお洋服ならば、カケツギ(カケハギ)補修にて、ほぼ目立たない状態にまで修復することが可能です。 "かけつぎ"は職人のセンス・技・経験により仕上がりレベルに差が出る補修です。 "日本一のカケツギ屋"を自負する山田洋服の匠技、是非一度お試しください。

チョッピリお勧めしづらいカケツギ補修

カケツギ(かけはぎ)補修 ハメ込み処理

  • 【こげ穴】

生地の焼けた部分を四角く切り取って共生地をハメ込み、周囲を特殊な糸の寄り合せ技術でつなぎ合わせます。
料金  1cm四方 6480円~

【虫食い穴】 クリーニング時に防虫加工処理しておかれることをお勧めします!

夏物薄手毛生地の虫食い穴です。ハメ込みによる補修をしておりますが、繊細な生地ゆえに若干補修跡は目立ちます。 防虫加工しておきますと、虫は溶剤の味を嫌いますので、かなり効果があります。
(糸印部分が補修箇所です)
料金 二ヶ所で 12960円~

虫食い穴は糸入れ織り込みで処理することが殆どですが、穴が大きいために、はめ込みでの処理をさせていただきました。虫食い被害は保管時に起こりますので、防虫対策を施しておいてください。
(糸印部分が補修箇所です)
料金 二ヶ所で 12960円~

【カギ裂き・引っ掛け傷】

パンツの膝部分を引っ掛け、かなり大きなカギ裂きが発生しています。横5cm縦1cmのかけつぎ補修です。糸印下が補修箇所です。補修部分には多少の張り・硬さは発生しますが、遠目には目立ちません。
料金  19440円~

縦糸と横糸の色目が異なるミックス織りの生地です。このような生地は織り合わせ部分に濃色糸が集まると補修跡が目立ちますので、その点を気を付けてのカケツギ補修となります。。
傷の大きさは横2cm縦3cmです。
料金  16200円~

ペンシルストライプの柄生地です。ハメ込んだ共生地と本体生地とのストライプのズレを最小限に抑えなければならない繊細なカケツギ補修です。縦1cm横5cmのカギ裂き補修です。
料金  19440円~

毛生地の中でも織り糸が細く表面がクリアーな生地ですと、当社の高レベルカケツギ処理でも補修跡は目立ってしまうことがあります。生地風合いによって仕上がりに差があることをご留意ください。

【擦り傷】

道での転倒により4cm四方位の破れが2ヶ所できてしまいました。細かい千鳥柄ですが、カケツギにより殆ど柄ズレなく仕上げることができました。尚、擦れにより穴周辺が白っぽくなっている部分は、染料を吹き付けることで修復は可能です。
料金 1ヶ所 30240円~

お財布や携帯を入れることで、底部分に力が掛かり擦り切れてきます。共生地ハメ込みによるカケツギで補修しましたが、強度的に不安がありますので、今後はポケットには物を入れないでくださいね。
料金 縦2cm横1cm 9720円~

【スリット部分の生地傷み】

スリットの止まり部分は、かなりの負荷が掛かるため生地が弱り裂けてきます。カケツギ補修によって傷穴を補修させていただきました。ただし、今後も負荷は掛かりますので、気を付けて着用してくださいね。
料金  10800円~

カケツギ(カケハギ)補修 糸入れ織り込みによる処理

【糸切れ傷】

糸が切れて織り外れが発生しました。本体一部より糸を抜き取り、糸入れ織り込みによるカケハギ補修で対応させていただきました。
料金 6480円~

【ウールコートの糸引け傷】

糸抜けしたことでヘリンボーンの柄が崩れてしまいました。糸入れ織り込みによるカケツギ補修で、補修跡がほとんど分からない状態にまで修復することができました。
料金 6480円~

【ウールスラックスの糸引け傷】

毛スラックスに縦40センチくらいの糸引けが発生です。慎重に糸戻しをしていき、糸切れが発生している場合には共糸で糸入れによるカケツギ補修をしていきます。
料金 8640円~

【糸入れ補修 カシミヤストール糸引け】

配色柄のカシミヤストールに糸引けが発生しますと、赤の糸が白部分へ、白の糸がグリーンへと移動して目立ってしまいます。しまい目立ちます。元の色目位置へ慎重に戻していく繊細なカケツギ補修です。
料金 4320円~

【虫食い穴】

サマーウールのジャケットに虫食い穴が発生です。究極の糸入れ織り込み補修にて処理させていただきました。虫食いは高レベルの防虫加工処理で防ぐことが出来ます。当社にご相談ください。
料金 1ヶ所 4320円~

小さな虫食い穴は嵌め込み補修ではなく、糸の織り込み補修で対応することができます。嵌め込みよりも、さらに仕上がりレベルはアップします。
料金 6480円~

総数で30ヶ所くらいの虫食い穴がありました。大きな穴や何個か集中している部分は嵌め込みによるカケツギ補修で、それ以外の穴は織り込みによるカケツギ補修にて対処させていただきました。
料金はトータルで見積もりさせていただきます。

カケツギ補修 引き寄せカガリ留めによる処理

【ニットジャケットのカギ裂き】

ニット糸の織物で、一般的なカケツギ補修も可能なのですが、穴を引き寄せて留め付け、裏側で貼り付け補強する方法でも対応しております。
料金 1ヶ所 4320円~

ウール製品以外のカケツギ(かけはぎ)補修

【綿製品】 コゲ穴

表面がクリアな綿生地は補修跡が目立ちますが、表面変化のある生地ならば、カケツギ補修にてここまで目立ち度を抑えた処理ができます。ただし、ウール生地に比べますと目立つこと、ご留意ください。
料金 2cm四方 12960円~

薄地綿プリント生地製品の2ミリくらいの小さなコゲ穴です。縦糸と横糸を繊細に織り込んでのカケツギ処理で、ラメ糸部分も修復させていただきました。
料金  6480円~

【麻混製品】 引っ掛け傷

毛50%麻50%素材の生地です。毛との混紡であり、また表面がクリアーな風合いでないため、カケツギ補修跡はそれ程目立たなく仕上げることができました。横2cm×縦1cmの穴です。
料金  9720円~

【ポリエステル製品】 引っ掛け傷

ポリエステル100%の生地は、はめ込み補修ですと補修跡がかなり目立ちます。糸入れ織り込みによるカケツギ補修で対応させていただきました。このカケツギ補修は大きな傷では困難です。
料金  6480円~

【絹製品】 糸引け傷

シルク生地は繊細で糸引けが発生しやすい素材です。斜めに糸引けが発生するのですが、一度はご経験おありのことでしょうね。熟練したカケツギ技術で元位置に糸を戻しをしていきます。
料金 6480円~