特殊シミ抜き・移染処理

高レベルのシミ処理には知識・技術・時間が必要です!

汗染み、古い食べ溢しのシミ、タバコの煙による黄ばみ、カビ発生によるシミ等々、一般のクリーニング屋さんでは落とせなかったものでも、ウエット処理・漂白処理・酵素処理・インキング補修等の高レベル対応により、かなりの確率で処理することが可能です。 シミ抜きは確かな知識と技術を基に、ジックリと時間を掛けて処理することが必要です。料金は少々高く付きますが、廃棄寸前のお洋服を復活させることができたことで、きっとそれ以上にご満足していただけることと信じております。是非ご相談下さい。尚、染み抜きで処理できなかったものでも、染め直しによって復活させることも可能です。状態を拝見の上でご提案させていただきますね。 

クリーニング業界は価格競争激化により、ここ10年の間に店舗数は半減しております。特に技術力のある個人店が廃業に追い込まれ、高レベル処理を求められている消費者様には辛い状況なのです。当社の技術が少しでも皆様のお役に立てるよう頑張ってまいります。

【色ムラを抜染処理】 ワインも染料なんです

パープルのニットスーツのワイン染み、中性洗剤で洗われたことにより極度の色ムラに! 移染処理と還元漂白を何度も繰り返し処理して、ここまで色を抜くことができました。染め直して元色に戻すことも可能ですが、敢えてこの状態でご着用とのこと。
料金 16200円~

【カビ染み】 カビても諦めないで!

カビ染みは全体に斑点状にできることが多いのですが、画像のジャケットでは袖に集中したようです。漂白処理+カビ処理溶剤にて、ほぼ修復できました。
料金 8640円~

ダブル洗い(ドライ+水洗い)でカビ汚れを落とし、乾燥熱とアイロン熱でカビ胞子を殺してしまいます。尚、ダブル洗いで心配な場合には、漂白処理で対応させていただきます。
料金 6480円~

【漂白剤による黄ばみ】 市販漂白剤の使用方法には重々ご注意ください!

アルカリ系の市販漂白剤にシルクブラウスを浸け込まれ、全体に黄ばみが発生です。酸性系のハイドロ溶剤で中和させることで、黄ばみを落としました。シルク製品は漂白剤で変色することがありますのでご注意ください。
料金 5400円~

【移染ジミ】

革の部分使いをしている衣服は、業者さんでも移染発生事故があります。また、柄物の お洋服を洗濯機で洗われる際にも、洗剤種類・乾燥方法の誤りで移染が発生します。 お困り事、相談事あれば、色々とアドバイスさせていただきます。

本体も胸の飾りも綿生地です。水洗いによって、飾り部分が色落ちして移染した状態です。一旦飾りを取り外し、本体は移染処理、飾り部分は染め直してから縫い付け処理しました。
料金 12960円~

キャミソールとパンツを赤いニットと一緒に水洗いされたところ、ピンク色に染まってしまったそうです。移染処理・漂白にて殆ど落とせましたが、ベルト内の芯に少しだけ色が残ってしまいました。
上下セット 料金 10800円~

洗剤の種類や乾燥の処理方法を誤ることで移染してしまうことがあります。移染処理剤にて殆ど元の状態に戻すことができました。
料金 5400円~

雨に濡れたことで、綿ジャケットから色落ちし、裏地に色移りしてしまいました。移染処理剤で対応させていただきました。
料金 5400円~

【汗ジミ】

ドライ + 水洗いのダブル処理を基本とし、シミが残るようであれば部分漂白処理をします。 ただし汗によって染料が破壊され退色していることもあり、その場合にはインキング補修にて補色処理させていただきます。
汗染みは日数を経ることで酸化による黄ばみや色素破壊による退色が発生します。お家で水洗いできない衣服につきましては、着用後早い目にウェットクリーニングしておかれることをお勧めします。

Tシャツ両脇下の汗染みです。ドライ処理と水処理のダブル処理でもシミが残るため、酸化漂白処理とインキング補修で対応させていただきました。
料金 6480円~

汗ジミ部分を放っておくと、酸素との化学反応により茶っぽく変色することがあります。汗ジミ専用の溶剤での対応が必要です。
料金 4320円~

頭部汗っ掻きの方には悩みの種ですよね。溶剤による手処理で殆ど目立たないレベルにまで仕上げることができました。
料金 4320円~

【食べ溢しジミ】

シルクのドレスやネクタイそれに綿のバーバーリーコートのような表面がクリアな生地は、食べ溢しをしても決してお絞りで拭き取ったり叩いたりしないでください。毛羽立ちが発生して染み処理しても白っぽく色落ちしたように見えてしまいます。手を加えずに当社にお任せください。

★ワインジミ

5年前の赤ワイン染みですが、酸化漂白処理により、殆ど染み跡が分からないレベルにまで処理することができました。
料金 8640円~

ワインを溢され水で処理されようとしたようです。移染処理→漂白処理→ドライ処理→水処理→補色処理のフルコースにて対処させていただきました。
スーツで  料金 16200円~

★ソース系のシミ

コーデュロイジャケットへの食べ溢し染みです。起毛素材は処理が難しいのですが、時間を掛けて丁寧な対応をすれば、ここまで修復できます。
料金 6480円~

★醤油系のシミ

綿ブラウスへの食べ溢し染みです。月日が経つことで黄変してきた食べ溢し染みは、染み抜き溶剤と漂白剤を巧みに使って処理します。
料金 4320円~

【マジックの色落とし】

須賀ジャンをオークションで購入されたものの、ロゴ部分や刺繍柄部分に油性マジックで色付けされていました。時間を掛けて、可能な限り落としていきました。
料金 16200円~

【顔料ペイント落とし】

顔料でペイントされたミッキーマウス、可哀相ですが落としてしまいます。石油系溶剤、エチレン系溶剤にて時間を掛けて処理しました。本体も気持ち色落ちします。
料金 5400円~

【インク染み】

メンズパンツ腰裏生地のブランドタグ横にスタンプインクによる印。それが、洗った際に色落ちしてしまったようです。移染処理剤にて落としきりましたが、今後も発生する恐れがありますので、お気を付けて!
料金 3240円~

【朱肉の染み】

朱肉やマジックインクが付いた際には、早い目に処理しようとして拭き取ろうとされないことをお勧めします。繊維奥に入ってインクが固まってしまいますと適切な処理をしても落ちなくなることがあります。
料金 4320円~

【ボンド染み】

ボンド染みは、かなりきつい溶剤にて処理するため、生地に色落ちが発生することが多々あります。その場合には、インキング補修にて補色処理させていただきます。

ボンドの付着染みは、樹脂を分解する溶剤を使って落としていきます。ご自分で洗い処理をされたことにより、繊維の中に入り込んでしまったため、これ以上は生地を傷めるため処理できませんでした。
料金 4320円~

こちらもボンド染みです。上のジャケットのようにシミ残り無く、殆ど落としきることができました。
料金 4320円~

【猫のオシッコ染み】

猫のオシッコ染みで生地が変色してしまいました。アンモニア溶剤で処理することで、色素も臭いも落とすことができました。
料金 6480円~

【ジップ下のアンモニア染み】

男性の場合、スラックスのジップ下に小水のシミが発生してしまいます。溶剤による染み抜き処理後に、色付けすることもあります。
料金 4320円~

【アイロン焦げ】

アイロンでツイードジャケットの衿が焦げてしまったのです。漂白剤で可能な限り表面処理をさせていただきました。クリアーな生地でなくて良かったですね。
料金 5400円~