バッグ修理

バッグやお財布には様々なデザイン・作りのものがあり、それに伴いバッグ修理や財布修理内容も様々です。バッグ修理と財布修理は、様々な技術で対応する山田洋服にお任せください!

ファスナー交換修理、留め金取替修理、持ち手作り替え修理、ショルダ-の金具交換修理、劣化した内布合皮生地の取替修理、キャンパス地バッグの破れや縫いホツレの補修、汚れ・色落ちの補修等々、様々なお直し対応をしております。洋服修理とバッグ修理と染め直し・クリーニングの技術をコラボした、山田洋服ならではの匠技をお試しくだいい。

バッグ修理のみならず、レザージャケットからバッグ作成、バッグからスマホケース・財布・名刺入れ・キーホルダー作成等、リメイクのご相談もお待ちしております。

★バッグ修理・鞄リメイク

【バッグ金具修理 錠前取り替え】 

錠前取り替えや留め金具の交換は、少なからず大きさ・形状の異なった物への取り替えとなります。本体の縫いを一部解いての作業となります。
料金  8640円~

【バッグ金具修理 爪金具の補修】

このタイプの金具は結構傷みやすいようです。元の部品が全て残っておりますと修復できることもありますが、部品を失くしておられますと別金具での交換対応となります。
料金  3240円~

【バッグ金具修理 ショルダージョイント金具補修】

ショルダーとバッグ本体の回転するジョイント金具が、金属磨耗により痩せたことが原因で抜けてしまったようです。引っ掛かりができるように受け側の穴を叩く方法で修整させていただきました。尚、現状の金具で修復できない場合には、別ジョイント金具への取替えとなり、色目・形状の異なった部材での対応になります。
料金  叩き補修2160円~ 別部材での交換修理4320円~

【かごバッグ修理 ワラ編み外れ補修】

ワラ編みタイプのカゴバッグ、編みの一部がほどけてきたため、似寄りのワラで編み直しさせていただきました。手作業による補修ですので元の編み状態とは多少異なってきますし、ワラの色目・風合いも異なるため、補修部分には見た目のギャップは発生することご留意ください。尚、修理料金は編み外れの長さで上下します。
料金 2160円~

【かごバッグ修理 底穴当て皮補修】

ワラの風合いと穴の位置からして別ワラでの編み直しが難しく、表側からレザーを当てて穴を隠す処理をさせていただきました。本体の刺繍とマッチして、リメイク風に修理できました。
料金 4か所で10800円~

【バッグ革傷み修理 底パイピングの取替補修】

キャンパス地とヌメ革コンビのバッグ、底のパイピング角の革が裂けてきてワイヤーが飛び出してきました。部分的に当て革をする方法もあるのですが、見た目を重視して一周似寄りの革にて取り替え修理させていただきました。
料金  12960円~

【バッグ革傷み修理 パイピング補修】

ボッテガヴェネッタのバッグですが、縁にひび割れが発生してきました。持ち手・本体の縁全てを薄い革でパイピングして、割れ傷みを完全に覆って隠してしまいました。
料金  19440円~

【バッグ型崩れ修理 中芯貼り替え補修】

保存状態が悪かったのかして本体革に癖が付いてしまいました。現状よりもハードな中芯を貼り足すことで折れシワを解消させることができました。
料金  19440円~

【バッグ型崩れ修理と染め直し】

底に向かってバッグ本体が折れ込んでいる型崩れ状態です。現状よりもハードな芯に取り替えることで復活です。色落ちも激しく、全体を染め直しさせていただきました。
芯替え料金  19440円~ 染め直し料金 21600円~

【ビジネスバッグ修理 パイプ芯交換】

フタの持ち手取り付け部分に、金属パイプ芯が入っている作りのバッグです。パイプ折れが発ししたため、新たな物に取り替え、元通りにネジ留め処理をしております。
 修理料金 12960円~

【バッグ内布交換修理】 合皮生地から同色シャンタン生地に取替です

内張り布が合皮生地ですと、画像のように腐食とネト付きが発生します。日本の高温多湿が原因による加水分解と考えます。同様の合皮生地に取り替えますと劣化リスクを排除できず、今回は化繊布地に取り替えましたが、本革への取り替えという方法も有ります。
料金  16120円~

【バッグ内張り布取り替え修理】 風通しの悪い保存環境や、使わな過ぎも劣化の原因です

有名ブランドのバッグもほとんどが内張り布に海外製の合皮生地を使っております。気候や保存環境が原因で劣化してくることがあり、加水分解による表面剥離・ネト付きが発生してきます。お客様のご要望で、色目は赤、生地はサテンに取り替えさせていただきました。
料金  16120円~

有名海外ブランドバッグは内布に合皮を使っていることが殆どです。ヨーロッパの合皮生地は、日本の高温多湿気候にて劣化が発生しやすくなります。ご購入の際には、この点を重々ご注意ください。

【アンティークバッグ修理 生地傷み補修】

生地の糸切れと、シミ落とし、口金留め外れ補修です。糸切れは裏側より共糸を刺し込み、裏側から粘着布で補強します。汚れは、クリーニング・染み抜きし少しは薄くなりましたが、これが限界です。
料金  27000円~

【セカンドバッグ修理 口金のメッキ再加工補修】

経年によりメッキの剥離・傷が発生してきました。本体から口金を外し、研磨処理をしてからメッキ加工しています。本体からの取り外し・付け直しも、結構手間が掛かる仕事です。
 メッキ料金  21600円~

【バッグリメイク サイズダウンしてイメージチェンジ】

化粧ポーチを10cmくらい幅詰めしてサイズダウンです。ファスナーも当然カットして短くしております。コンパクトなデザインになりましたでしょ。
料金  21600円~

縦長のバッグを本体とポケット部分の段差を無くして高さを低くリメイクしました。ショルダー根革の付け位置を変えて、ファスナーもカットしての付け直しをしております
料金  32400円~

【バッグリメイク デザイン変更】

大き目の巾着タイプのバッグですが、ヌメ革部分の傷み・汚れが激しく、生地にも折れ癖が付いて型崩れも激しくなってきています。使いやすい1本手の肩掛けバッグにリメイクさせていただきました。
料金  43200円~

【バッグリメイク 生地取替修理】

キャンバス地部分にかなりの擦れ傷みが発生してきています。織物ゆえに補修困難なため、色調・生地風合いの近い無地生地で取り替えました。
料金 43200円~

雨の日に濡れたことで、革パーツからキャンパス地に色移りが発生です。新たなキャンパス生地で全て取り替えさせていただきました。コンビバッグは雨の日には気をつけてください!
料金  43200円~

【バッグリメイク デザイン部分変更にて汚れ隠し】

縫製に使用している接着テープの糊が表側に浮いてきた状態です。クリーニング・インキング補修では処理できないため、部分使い革と同色の革を縫い付けてシミ汚れを隠しました。
料金 16120円~

【セカンドバッグリメイク 持ち手取り付け修理】

カルティエのメンズバッグ、持ち手付けのリメイクです。このようなタイプは、金属製の芯を中に通して、ミシン縫いでなくカシメ留めして強度を持たせます。芯入れがポイントのリメイクです。
料金 16120円~

【バッグリメイク 別アイテムに作り替え】

ヴィトンのバッグからブックカバーとペンケースとキーホルダーにリメイク、凹凸部分とクリア部分を巧みに組み合わせての対応です。
ノートカバー 21600円~  ペンケース  10800円~  キーホルダー10800円~

バッグからノートカバーとキーホルダー二つに作り替えました。既製品ではサイズ等希望の物が無いこともあるのですね。
料金 ノートカバー21600円~  キーホルダー12960円~

【スーツケース修理 キャスターゴム付け替え】

キャスターゴムの破損は、現状とは若干大きさが異なりますので、2個か4個全ての付け替えになります。ただし、海外製品で国内調達部品とサイズが合わない場合には、修理対応ができません。
2個付け替え 15120円~  4個付け替え 21600円~

【ゴルフバッグ修理 持ち手作り直し】

持ち手の革が何箇所も切れて中の芯だけで繋がっている状態です。近い色目の別革で作り直し、カシメも打ち替えました。ショルダー部分も同様修理しております。
料金 27000円~

完璧な仕上がりでした。

★財布修理・財布リメイク

【財布修理 金属フレーム外れ直し補修】

金属フレームのコーナー溶接が外れてしまいました。フレームを取り外して再溶接したいところですが、溶接するとフレームのメッキが剥離し再メッキが必要となり、補修料金が高くなってしまいます。そこで、穴を明けて糸留めという対応をしました。
料金 3240円~

【財布修理 ファスナーのスライダー取替補修】

インポート物のファスナーはlily社製が殆どです。日本では1本の調達が困難なため、YKKファスナーとの取替えになります。今回は何とかスライダーだけをYKK製で対応することができましたが、合わないことも結構あります。その場合には、ファスナー全体の取り替え修理となります。
料金 3240円~

【財布修理 パイピング革の巻き直し補修】

パインピングの革は、擦れによって銀面の剥離が激しくなってきます。顔料にて染め直す方法もありますが、今回は別革にて巻き直しをさせていただきました。
料金  21600円~

【財布修理 内布交換補修】

内布にナイロン生地を使っており、縫製時に使用される接着糊が経年・気候要因により浮いてきたようです。全て取り外し本革生地で作り替えました。
料金  21600円~

【財布修理 革マチ布の交換】

長財布のお札入れ部分のマチ布の傷みが激しくなり、フタ部分のステッチ外れも発生です。マチの幅を少し広目にして、ユトリを持たせておきました。もっと、お金が貯まるかな(^。^)
料金  16120円~

【財布修理 留め具バネ交換補修】

留め具ジョイントのバネが傷んで機能しなくなりました。別バネを作り付けて修復させることができました。元のバネとは色目が微妙に変わりますが、見た目的には支障ない仕上がりです。
料金  3240円~

【財布修理 水濡れによる型崩れを修整】 水に浸けることで革は縮みます!

水に浸かりますと革の繊維が寄ることで縮みが発生、それによって型崩れも起こります。改めて水を含ませてから全ての部分に芯を入れ、時間を掛けて革を元の状態に戻していき、最終プレス処理で仕上げます。
料金  10800円~